改訂版 起業家の英語

2,160円

配送料無料

著者: 米山 明日香/佐野 正博
A5判172ページ+CD(70分16秒)

■成功者10人の生の声で聞く!
アマゾン、フェイスブック、グーグルなど、世界経済を牽引するITトップ企業の創業者10名の英語スピーチ・インタビューをCDに収録。本誌には英文、日本語訳、語注のほか、各人の英語聞き取りの詳細なポイント解説、発言内容を理解するための背景解説を掲載しています。
早口で次から次へとしゃべり続けるイーロン・マスクとマーク・ザッカーバーグ、落ち着いた口調で聞き取りやすいジャック・ドーシーとジミー・ウェールズ。話し方はそれぞれながら、起業家たちの生の声からは、グローバル社会を生き抜く力、独自性をもって挑戦し続ける明確な意志が伝わってきます。10人のイノベーターたちの考えやエネルギーを、英語でダイレクトにキャッチするための格好の教材です。

*本書は2014年11月刊『起業家の英語』の改訂版です。音声は付属CD以外に、専用サイトからスマホ等に無料ダウンロードできます。

●ジェフ・ベゾス (Amazon)
・ベゾスも想定外だった、Amazon創業時の失敗とは?
・賢さとは単なる才能だが、優しさとは苦渋の選択である
●イーロン・マスク (SpaceX and Tesla)
・高度に発達した科学は、魔法と区別がつかない
・ロケットを手に入れるため、ロシアを3度訪問
●マーク・ザッカーバーグ (Facebook)
・月額85ドルのサーバーを借りて、Facebookを始めた
・AmazonやAppleとは協力し、Googleとは競合している
●ジャック・ドーシー (Twitter)
・死にものぐるいでやる、リスクを取る、それが起業家
・未来はすでにここにある。あとはそれを広めるだけだ
●スティーブ・ジョブズ (Apple)
・レールの敷かれた人生では、イノベーションなんて生まれない
・ウォルト・ディズニーを見習え、禅僧にランチをおごれ
●ビル・ゲイツ (Microsoft)
・サティア・ナデラ新CEO就任に際しての祝辞
・ビル・ゲイツ&メリンダ財団は一体、何をしているのか?
●ラリー・ペイジ & セルゲイ・ブリン (Google)
・Googleの究極目標は、自らが人工知能となること
・人類は働き過ぎ、必要な労働なんて今の1%以下
●ジミー・ウェールズ (Wikipedia)
・開発者が自ら語る、Wikipedia誕生の秘密とは
・世界中からWikipediaに届く、最大の不満とは
●ジャック・マー (Alibaba)
・20代~60代におけるそれぞれの人生設計
・アリババの女性雇用について

カートに入れる:


この刊行物をお求めの客様はこんな刊行物もお求めです。