2,200円(税込)以上のお買い物で送料無料! 『多聴多読マガジン2021年10月号』発売しました!!

0
¥0

現在カート内に商品はございません。

0
¥0

現在カート内に商品はございません。

多聴多読マガジン vol.4 (2007 SUMMER)

通常価格:¥1,445 税込
一般会員価格
¥1,300 税込
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
【送料無料】
2007年6月6日発売
A5判雑誌200ページ+CD(73分55秒)
●特価商品は表紙等に傷みがある場合があります。あらかじめご了承ください。
『多聴多読マガジン』第4号の特集はズバリ、多読のツヨ〜イ味方であるGR「グレーデッド・リーダーズ」。まだまだ知らない人も多い、「すらすら読める洋書」とはどんなものなのか、どんな種類・特徴があるのかを徹底ガイドします。
  多読におすすめの洋書を朗読CDとともに紹介する人気連載「快読快聴ライブラリ」では、今 回はドーンと6冊を掲載。読書を楽しんでいるうちに、リーディング力はもちろんのこと、リスニング力まで伸びる「100万語多読」に少しでも興味のあるかたには、見逃せない号です。
  今年1月のダボス会議にパネラーとして出席したビル・ゲイツ、ユーチューブのチャド・ハーリー、U2のボノの発言内容、映画『ラブソングができるまで』主演のヒュー・グラントとドリュー・パリモアへのインタビューなど、シャドーイングの素材も盛り沢山です。

■特集1■
【多読のツヨ〜イ味方=GR−すらすら読める洋書−徹底ガイド】
●GRで多読するおもしろさ
●GRを用いた多読のためのルートマップ
●四大GRシリーズ紹介
 オックスフォード/ケンブリッジ/マクミラン/ペンギン
●その他の主要GRシリーズ
●私のおすすめGR
●GR読みくらべ
 『カンタビルの幽霊』を5種類のGRで読みくらべてみる
●今年最高のGRに贈られる賞
●ネイティブ・スピーカーからみたGR英語の特徴

■特集2■
【ダボス会議にみるトップリーダーの英語】
Section1 チャド・ハーリー(YouTube)
Section2ビル・ゲイツ(マイクロソフト)
Section3 ボノ(U2)

●特別記事1●
[Oxford Bookworms人気作家に独占インタビュー]
 −ティム・ヴィカリー
●特別記事2●
[プロ中のプロがすすめる多聴多読と文法と]
 −デイビッド・B・ソーヤー

●連載[快読快聴ライブラリ]
レベル別おすすめ洋書を朗読CD付きで掲載
1. What Shall We Have for Tea Tonight?
2. Sk8 for Jake
3. Blood Diamonds
4. The Nightingale (Tales from Hans Andersen)
5. Chemical Secret
6. The Wizard of Oz

●連載[リスニング・シャドーイングのなま素材]
Unit1 私の知らなかった日本−ナオミ・デュバン
Unit2 日本で生まれた僕の娘−スティーブン・ケント
Unit3 私とGR〜制作の舞台裏−ティム・ヴィカリー
Unit4 映画『ラブソングができるまで』をめぐるインタビュー
   −ヒュー・グラント&ドリュー・バリモア

●連載[同時通訳方式で学ぶニュース即聴トレーニング]
・VOA Special English「温室効果ガス:米最高裁の判決」
・VOA Standard English「地球温暖化:IPCC報告」

●連載
[酒井先生のこども式シャドーイング教室]
  6名の受講者が、その後どのような伸びをみせたか
[新形式TOEICテスト撃破ストラテジー]
  PART7 「時間ない!」を「時間内」にする情報処理
[新旧ベストセラー作品を楽しく読む]
  The Bridges of Madison County−クリストファー・ベルトン
[仕事で使う実践的英語力のつけ方]
  採用面接で求められるものは?−柴田真一
[英語の教科書に見る日本]
  第4回 オーストラリア編−沢田博

ほか

ページトップへ